toggle
名古屋を中心に、愛知県、三重県、岐阜県と広範囲に出張着付け、出張ヘアメイクを承ります。結婚式場、ご自宅など、たたみ一畳分のスペースがあれば何処でも、お着付けにお伺いいたします
2008-10-06

車椅子の成人式 すべてはひとつ。


先日、下の子の事で大変お世話になった友達から電話で、「来年の養護学校の成人式に8人の車椅子の子に振袖を着せたいというお母さんの希望があるのよ、あなたできない?」と打診がありました。あぁ、きた。というか、待っていた?というかやっぱり?というか。

数ヶ月前まで私は老人ホームのメイクボランティアの活動もしていました。「ほほえみの会」といって、島吉さんという着物リフォームやブティック経営、美容コンサルタントなどをしていらっしゃった、すてきな女性が中心になって活動していたのです。しかし都合により最近活動が停止になっていました。でも、ボランティアの内容は老人ホームでご希望の方にメイクやネイル、ハンドマッサージなどを行ったり、入所されてる人達にウエディングドレスを着せたり、打掛を着せたりして、ファッションショーを行ったりして新聞に載ったりもしたんですよ[:ぴかぴか:]
 で、その依頼(車椅子の成人式)が来たときに、具体的に車椅子の人にどうやって着せるのか、と言うことを考えたとき、あ!!島吉さんに電話しよ。と思って電話したら案の定、ちゃんと具体的に知っていらした。凄い。さすが。
 電話口で聞いて、なんとなくはわかったものの、和裁が苦手な私は、とにかく今週の毎日のブライダルと着付け教室がすんだらこのことを具体的に考えよう、と思って横に置いておいたのです。

 そして、昨日、結婚式で和装のアシスタントに来てくださった初対面の和装の先生ととても話がはずみ、よくよく話していくと和裁ができるとのこと、、、。
これは!!つながってるのでは!!仕事中なので、詳しい話は後日することにして、彼女の電話番号を聞くと、家も近くだった。
 物事がとんとんと進む、まったく新しいことを始めようとするのに、偶然が続くのはこれは、やるっきゃない、宇宙の応援がある、という事だと確信。
 明日、その先生に電話して具体的に和裁でのやり方を相談しようと思う。

私がヘアメイクやってるのも、下の子を授かったのもこういう道がつながってるのだな、と感じた一日でした。そして、やはり、、、、、とっても嬉しかった。人間て人が喜んでくれるならなんでもやるんだな。すべてはつながっている。一つ一つの出会い、物事はつながっている。大切にひとつひとつ誠意をもってやっていこう[:ラブ:]
 こんなちっぽけな私でもお役に立つことがあるんだ、と思ったらまた嬉しくなってきました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
カテゴリー
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA